らくに暮らそう

らくに暮らすためのアイデアを発信します

しんどいときは、「変えられる」ものから上手に逃げよう - HSP・うつ -

こんにちは、しのぶです。

日々の生活において、「しんどいなぁ」と思うことありませんか?

例えば、

  • 会社の人間関係がうまくいかず、息苦しい・・
  • 両親との折り合いが悪く、嫌いではないけれど話をするといつも喧嘩してしまう・・

などなど。

初めは小さなことでも、積み重なっていくと心に負担がかかってしまいます。

そんなときの、らくに暮らすヒント「自分の意志で変えられるもの・変えられないもの」を理解しておくと、心の負担が軽くなってラクになりますよ。

私自身も変えてラクになった経験があるので、ぜひ、一読して考えてみてくださいね。

コーギーが水たまりを走っている

自分が変えられるもの・変えられないもの

変えられるもの・変えられないもの

自分が変えられるもの・変えられないものは次のとおりです。

  • 変えられるもの:環境、行動、思い込みなど

  • 変えられないもの:性格・気質、能力など

変えられるもの

まず、すぐに変えやすいのは「環境」です。

職場の人間関係が嫌だというなら辞めるか、働く時間を変えるとか。育児がしんどいのであれば、知り合いもしくは一時保育サービスを使ってリフレッシュをするとか。誰かの助けを借りれるのであれば、色々と対処は出来ると思います。

ポイントは「環境を変えるなんて無理」とすぐに思わずに、どうすれば変えられるか考えること

今は会社の働き方も変わってきていますし、行政・民間でも色々なサービスがあります。諦めずに、まずは何か方法があるかな、と考えてみてくださいね。

ちなみに私の場合では「一人暮らし」をしたのが気持ちがラクになるきっかけでした。

変えられないもの

自分の意志とは関係なく与えられたものは、変えることができません。

性格・気質はもともと持っているものなので、変えようとすると無理がでてきてしまいます。人によっては、あくまで「役」として違う自分になりきる場合もありますが、それは本来の自分があってこそ出来ることかなと思います。

私もネガティブ・内向的な方だったので、アクティブな人に憧れて行動してみたことがあります。知らない人がいる飲み会に参加したり、イベントスタッフのバイトをしてみたりですね・・

これが非常に疲れました!!いずれは慣れるだろうと思っていましたが全然ダメでした・・。

なので、変えられないものもある、という事も覚えておいてくださいね。

つらいことから逃げるのは「悪」という考え

「耐えること=努力」ではない

いつからか分かりませんが、「忍耐」「我慢」は美徳とされてきました。いまだに「入社後、3年間は耐えろ」みたいなことも言われていますよね。

このような考えに対してすべて反対するわけではないですが、たまに努力の方向間違ってますよ、ということはありますね。「入社後、3年間は耐えろ」と言われて実行した結果、ろくにスキルも身についていないということはよくあることです。

耐えることよりも、違う方向に行く方がいい結果につながる事もあるので、努力の方向を間違えないでほしいと思います。

逃げることの是非

なぜかある特定のことから「逃げる」というと、それがマイナスなことに思われてしまう傾向があります。これも思い込みではありますが、当の本人も「逃げる」という言葉をネガティブな意味で言ってしまいがちです。

べつに逃げたっていいじゃないですか~。

いろんな人生があり、生き方があり、性格がそれぞれ違うのだから、何が最良かはそのひとによって違うのは当たりまえです。

それに「逃げる」という言葉を使わなくてもいいんです。

会社を辞めたのなら「退職した」「転職した」という事実でしかないのです。

自分を攻撃するためにあえて「逃げる」という言葉を選ばなくてもいいんですよ。

「環境」を変えたことによる実体験

私の場合ではありますが、数年前に徐々に親と暮らすことが辛くなったことがありました。けして嫌いではないけれど、ただ居ることや会話をすることが息苦しくなってしまいました。

そこで、思い切って一人暮らしを始めることにしました。

それまでは私が家を出ることで、家事など負担をかけることが心配でもあったのですが、何とかなるものですね。家事ができなかった父も今では自分でプリンを作るようになりました。

また、辛かった私と親との関係も、一人暮らしを始める前よりとても良くなっていると思います。現在は1、2か月間隔で実家に帰っていますが、いつも楽しく過ごすことができています。

ここで言いたいのは、いくら親や兄弟だとしても、お互いに適切な距離というのは存在していて、また、それを改善するために離れることは決して悪いことではないということです。

もし同じような状況でつらいなぁと思っている方がいたら、一度離れてみるのもいいと思いますよ。

まとめ

今回はらくに暮らすヒント「自分の意志で変えられるもの・変えられないもの」をご紹介しました。

ポイントは、

  • 変えられるもの・変えられないものを理解する
  • 「逃げること」=「悪いこと」ではないと理解する

です。

この記事を読んで「少しだけらくになったかも」「いったん離れて冷静に考えてみよう」と思ったり考えたりしてくれれば嬉しいです。

それではまた。