らくに暮らそう

らくに暮らすためのアイデアを発信します

ずぼら・面倒くさがりな人ほど効果的!「服の制服化」のススメ

こんにちは、しのぶです。

お休みでない日の朝はとても忙しいですよね。掃除に洗濯・食事の支度などなど、できればギリギリまで寝ていたい!といつも思っています。

特に私はその日着ていく服を決めるのが苦手で、いつも時間がかかっていました。クローゼットには大量に服があるのに決められない・・そんな方、多いのではないでしょうか?

今回の記事ではそんなときの、らくに暮らすヒント「服の制服化」を紹介します。

服がかかっている

洋服レンタル airCloset

ずぼら・面倒くさがりな人の気持ち

ずぼら・面倒くさがりな人の代表として服を選ぶときの気持ちを書いてみます。

  • このトップスと合うスカートが見つからない!
  • すごいお洒落がしたい訳じゃないけど、変にも思われたくない!
  • ああ、いっそのこと誰か「これを着ろ!」って言ってくれないかな・・

こんな感じです。こんな感じで毎日頭を悩ましていたので、どうにかできないか調べて考えたのが「服の制服化」というわけです。(名前は違えど実践している方は多くいます)

服が決まらない!を解決する「服の制服化」

服の制服化について

そのまんまですが、服も制服のように決めてしまうやり方です。既にその日着る服が決まっているので「服が決まらない!」と悩む必要がありません。

仕事着なんかは服の制服化しやすいのではないでしょうか?いくつかパターンを作っておくと、とても便利ですよ~

服の制服化をする2つの方法

コーディネートを作っておく

ひとつ目は、トップスからボトム、カバンなども含めて一式コーディネートを作る方法です。

私の場合はカバンや靴はいつも同じだったので、トップスとボトムの組み合わせを考えました。組み合わせは週5日分、毎週同じサイクルです。

5日分のコーディネートがそれぞれお洒落(=個性がある)であった場合は、もしかしたら「あの人また同じの着てる~」なんて思われるかもしれません・・。気にしすぎ、と思われるかもしれませんが、意外と女性は見てるらしいですよ~

ただ、私は同じようなシルエット、色味で揃えていたのであんまり気になりませんでしたね。

同じ種類のものは同じ商品で揃える

ふたつ目は、同じ種類のものをすべて同じ商品に統一する方法です。

私の場合は「靴下」を揃えました。通勤時はいつも「スニーカー+足首までの靴下」というスタイルだったので、それまでバラバラだった靴下を「黒」かつ「同じ商品」に取り替えました。

「黒でもこっちの靴下はリブになっている」「こっちの靴下はグレー」なんていう事があると、どちらがより似合うかな?なんて考えたりするので、色も商品も統一するのはおススメです。

服の制服化の効果

朝、悩まなくていい

朝に悩むことが少なくなるのがメリットです。寝ぼけつつ着替えたって変なコーディネートにはなりません

靴を履く段階で「服と靴が合わない!」ということも無くなります。

貴重な朝の時間、悩まずに一日を始めましょう。

買う時も、らく

例えば「この服、着古したなぁ」と思った時、同じ服、または同じような服を探して購入すればいいのです。

買ったはいいけど着ない、という服が少なくなりますよ。

有名なあの人も実践している

有名な方でいえばスティーブ・ジョブズさんですね。彼は生前、黒のタートルネックにジーンズ、スニーカーというスタイルで過ごしていました。

また、オバマ元米大統領も同色のスーツを着用していたことで知られています。

彼らに共通するのは、「日々いくつもの決断をする必要がある人達」だということです。

決断をするのって結構疲れるんですよね・・。決断する結果にそれはそれは大きな違いがあるものの、その目的は「服の制服化」と同じです。

まとめ

今回はらくに暮らすヒント「服の制服化」をご紹介しました。

ポイントは、

  • コーディネートを作っておく
  • 同じ種類のものは同じ商品で揃える

です。

この記事を読んで「便利そう」「自分の場合はどこが制服化できるかな?」と思ったり考えたりしてくれれば嬉しいです。

それではまた。

airClosetアールカワイイ